人材開発プログラムのリ・デザイン

私たちは、何か新しい手法に出会うと、古いものを捨てて新しいものを得ようとする習慣に慣れてしまっています。人材開発の現場でも、どんどん新しい手法が出てきますから、担当者はそれらを学ぶだけで大変です。
しかし、新しいものを取り入れるだけでいいのでしょうか?
これまでやってきたことを一度振り返ってみませんか?
そこでの経験を振り返ってきちんと学習につなげておかないと、また同じことが起きてしまいます。
経験学習は手法ではないので、「経験学習」という名の人材開発プログラムがそこにあるわけではありません。皆さんが何かを成し遂げたいと思っている人材開発プログラムに経験学習の考え方を組み込んでリ・デザインすることで、プログラム全体の成果の向上と、参加者の「経験からの学習力」を高めることができるのです。

人材開発プログラムのリ・デザイン

経験学習を促進するスキルは、
変化に立ち向かい変化を起こすことが求められているリーダー、多様性をマネジメントしながら複雑な状況に対応しなければならないマネージャーにとっても、必須のスキルです。